常に物事の本質を見失わず、“ほんもの”を追求する会社でいたい